表立って載せるほどではない小噺と、あとがき。 その他キャラ設定などなど、徒然なるままに書き連ねるページ。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

テキレボ300字企画参加作品についてのいろいろ

テキレボ300字企画参加作品についてのいろいろ

ちょっと語りたいのだ。
我慢できないのだ。

調律師×ひとでなしのコラボもので、本編終了後の時間軸っていういつものやつです。

タイトルは、がまくんとかえるくんの本からです。

 **

ということで、語り手マオ、送り主沙耶のいつもの関係のやつ。
マオが読んだという本は「ふたりはともだち」(のなかの「おてがみ」)。

もうね、この結婚しましたハガキを作りたくて作りたくて仕方がなかったんですよ!ジェネシスみてから!(ジェネシスかよ)
つくっててすっごく恥ずかしかったけどね!

沙耶と龍一が籍をいれたのは、龍一が大学5年の時。
ちなみに、先日年齢計算をしたところから考えると、2016年の話です。あと6月のはず(書籍版おまけ話より)

いつまで待たせるんだ籍だけでもはやくいれろって雅がけしかけるし、円も盛り上がるし、みたいな。
式といいましたが、多分ちゃんとした結婚披露宴ではなく、お食事ぐらいの感じだったのではないかと思います。それも一海で。あの家広いから。
沙耶には友達いないし。
で、マオも呼ばれていたという話。あれですね、そういうちゃんとしたやつじゃないから式についてはお手紙じゃなかったんですね()


龍一はともかくとして、沙耶が結婚しましたハガキを出す相手もいないだろうし(マオと清澄ぐらい? あとは家族カウントだし)
マオの手紙が欲しい発言を聞いて、「あ、ちょっと作ってみようかな」と思ったんじゃないかなと思っています。
あのね、出す相手はいないだろうけどね、沙耶は作りたかったんだと思うの! あの子は人付き合い悪いくせに夢見がちだから。
ウェディングドレスだって、着てみたかったと思うのよ。「普通のこと」をしてみたということで、一つ。
とか思うと、なんとコミュ障で微笑ましいことか、うちの子たちは……

前回のラリーではこんな話しといて、なんのあれだっていう感じですけど。
そう、前回のも合わせて考えるとしんみりしますね。しんみり……。
過去編に登場するキャラクターでもないのに、人生の終わりが決められているヒロインって相当だよな、って思う。我ながら。

沙耶の人生にかんしては、いずれやりたいなと思っていることがあるので、いつかできたらいいな(曖昧)

そんなこんなで、企画に出す話として正しいのかまったくわかりませんが(しかも文字企画なのに絵がメインだし)私はとっても楽しかったのです、ありがとうございました!
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://dfreedom.blog6.fc2.com/tb.php/269-094e30d6
 
 
プロフィール
 
 

小高まあな

Author:小高まあな
FC2ブログへようこそ!

 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
リンク
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。