FC2ブログ
 
表立って載せるほどではない小噺と、あとがき。 その他キャラ設定などなど、徒然なるままに書き連ねるページ。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

私だけが出来ること

 事件を解決した日、マンションの下まで送ってくれた彼は、大体こう言う。
「……今日、泊まっていってもいい?」
 私は決まってこう返す。
「くーちゃんは平気なの?」
 彼の愛鳥の心配。
 餌や水の心配がないと彼が判断したのならば、そのまま部屋に招き入れる。
 もしも、帰って面倒を見なければいけないようなら、
「じゃあ、泊まりに行っていい?」
 私の方からそう提案する。
 別にマンションまで来る前にその話をしてもいいのだけれども、私達は頑にこのやり方を守っている。
 儀式、だ。


 事件を解決した日、同じベッドで眠っても、彼が私を抱くことは決してない。
 ただ、こどものように私の手を握って眠りにつく。
 事件を解決した日、崖から転がり落ちるような早さで彼は眠りにつく。すとん、と夢の世界に落ちる。
 私は大体、そんな彼の寝顔を見たまま、睡魔が訪れるのを待つ。
 彼は名探偵だ。
 名探偵は、職業じゃない。
 そういう生き物だ。
 事件を呼び寄せ、事件を喰らい、生きている。
 彼は、そういう生き物だ。
 謎解きという舞台の上で、全ての謎を収束させ、犯人をあてる。そのときの彼は実に生き生きとしている。
 へらへら笑ったその態度を見て怒るひともいるし、彼を死神だと揶揄するひともいる。
 だけど、私は知っている。
 謎を解き終わったあと、彼が誇らしげな顔のなかに、どこか少し悲しみの色を浮かべていることを。
 自分の歩いて来た道に、積み重なっている死体にうんざりしていることを。
 事件を解決した日、どうしようもなく寂しくなっていることを。
 事件が私と一緒じゃなかったときでも、大体事件を解決した日は私の家に転がりこんでくる。なんでもないような顔をしているけれども、それはきっと寂しくてやり切れなくなっているからだ。
 彼は、他のひとが思うよりもずっと、ずっと寂しがり屋だ。
 自分の生活の全てに、死体が絡み付いていることを、彼は本当は嫌がっている。次は誰が死体になるのか、犯人になるのかと、実は怯えているのだ。
 そう、大体私達の関係だって死体が繋いでいるのだ。
 出会いのきっかけも、今一緒に居ることも、全部背後に死体がある。
 死屍累々と積み重なる死体の上で、孤独に謎を解き明かすのが彼の役目だ。
 壇上で謎を明かす彼に、私ができることは何もない。私は名探偵ではないから。
 私に出来るのは、この孤独な探偵さんが、舞台から降りた、ほんの束の間の休息にあわせて手を差し伸べるだけ。
 今までも。
 これからも。

 **

はやくかけよ。と自分に思いつつ。
    00:04 | Top
 
 
プロフィール
 
 

小高まあな

Author:小高まあな
FC2ブログへようこそ!

 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
リンク
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。