FC2ブログ
 
表立って載せるほどではない小噺と、あとがき。 その他キャラ設定などなど、徒然なるままに書き連ねるページ。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

26歳の男キャラ設定

櫻井洋之(さくらい ひろゆき)
M大学法科大学院既習2年生
26歳。
お弁当箱は世界的に有名な鼠、箸箱は同じく黄色い熊。
頭はいい。全免。
結構苦労人。

杏子「が」絶賛フォーリンラブ中の人。

 **

橋本恵子(はしもと けいこ)
26歳。商社の事務。
洋之の元カノ。
もうすぐ結婚するらしい。

 **

前田治(まえだ おさむ)
M大学法科大学院未習2年生。
26歳
桜子と杏子と同じ演習
お調子者。
大学時代から付き合っている彼女がいる

 **

池田正秀(いけだ まさひで)
M大学法科大学院既習2年生
26歳
桜子と杏子と同じ演習
おとなしめ?
桜子にロンリー片思い

 **

高橋利彦(たかはし としひこ)
22歳
社会人一年目
桜子の彼氏(大学が一緒)

 **

名前は全部法学者から。
名字と名前をばらして、下の名前の漢字は替えてみました、がどうなんだろうか。
大好きすぎる先生の名前は、かえって使いにくい。
(学部ゼミの先生と、刑訴の先生と)

26歳が異様に多いのは、タイトルが「26歳の男」だからです。
主要メンバーは同い年で。
スポンサーサイト
    11:44 | Top

26歳の男(設定ネタメモ)

既存キャラ(杏子と桜子)以外は、法律学者の名前をもじるというのはどうかしら?笑
我妻とか前田とか?笑


楽しいのは私だけかな
    15:22 | Top

創作ネタメモ

「誰でもよかったんじゃない?」
 のど元まででかかった言葉を、飲み込んだ。
 本当は、誰でもよかったんじゃない?
 そこそこ顔がふつーで、そこそこ性格がふつーで、楽しくはなせる相手なら誰でもよかったんじゃない?
 空気を読んで、言わないで、ただ微笑む。
 でも、誰でもよかったんじゃない?
 ねぇ、誰か「あたしじゃなきゃいけない理由」を教えてよ。
 あたしじゃなきゃだめなんだ、っていってよ。
 そんな上っ面の言葉なんてもういらないよ
    00:40 | Top

創作ネタメモ

「結婚かー、遠いなー」
 と、年上のその人は、付き合って7年目の彼女がいるその人は、困ったように笑った。

 **

「ロースクールは忙しいから、無理、とかそういうの言い訳にしたくない。そんな理由を自分以外のところに見つけて安心したくない」
 泣かない。彼女は泣かない。
 そして、あたしにはわからない。
「ロースクール内でのお手軽な恋愛もしたくない。好きになった人がロースクール生ならいいけど、最初からロースクール内だけでどうにかしよう、なんてそんなのいや。
大体、これから先同じ土俵で仕事していく人たちに必要以上に女として扱われるのはいや」

 **

「学問、英語と国語をやればよい。……それで新司うかるなら全力でやるけど、英語」

 **

結局、桜子さんは頭堅いのだ
    00:10 | Top

ちぃちゃんのひととなり(?)

ちぃちゃん
「い」は小さいのが正式(のつもり)

都立瀧沢高等学校にいる幽霊。
悪戯好きで、学校の怪談はほとんどが彼の仕業
(意識すれば人や物の少しだけならば触れられる)
小学校低学年ぐらいの外見をしているが、学ランを着用。

いつからいて、なぜここにいるのかは不明。
別段、成仏しようとかそういう気もおきていないことと、割と強い霊のくせに子どものいたずらしかしないから放置されている現状。
あまりにも酷いことをしたり悪霊になったりしたら、沙耶が祓う、という約束をしている(けれども、二人が覚えているかは謎)
別に誰かに相手をしてもらわなくても悪戯をしかけて楽しんでいたが、沙耶に会って普通に会話してくれたことは、今までで一番嬉しいこと。
沙耶が卒業したときは影で号泣していた
沙耶の友人、ということで清澄はからかわれ続けた。

今は龍一と翔を見守って遊ぶことを楽しんでいる。

本当は幽霊仲間の「小嶋」がいたはずなのだけれども、気づいたらいなかった。なんで?
    15:13 | Top

一海直純のひととなり(キャラ語り)

一海直純(いちうみ なおずみ)
28歳
調律事務所副所長
一人称「俺」

円の従弟
父親は一海の宗主の弟にあたる。
円と次期宗主の座を争っていたが、華麗なる押し付け合いの闘いの結果、円にその座を譲り渡すことになった。
一海の老人衆からの受けがよく、老人衆は直純を次期宗主にしたがっていた(今もちょっと)
ただし、直純自身は心の底から向いていないと思っているし、従姉がその座についたことはなんら間違っていないと思っている。
古き良き時代の研究に余念がない。
その知識には円も実は一目置いている(だから調律事務所にひっぱりこんだ)
猪突猛進な従姉を実は心配している。
座右の銘は「温故知新」

沙耶に片思い中。結構前から。
優しすぎるのでなかなか告げない。

一海の騎士。決して王や王子にはなれず、そして騎士になりきれなかった男

呼び方
沙耶→沙耶
円→円
清澄→清澄
龍一→龍一君
翔→翔君
一海宗主→宗主
一海直次→父さん
一海佐知代→母さん
    14:48 | Top

一海円のひととなり(キャラ語り)

一海円(いちうみ まどか)
29歳
一人称「私」
声のイメージは根谷美智子さん(割と不必要な項目。
メリッサ・マオとかユーキ・タルホとかリザ・ホークアイ(一作目)とか、サテラ・ハーベンハイトとかそんなイメージ)
調律事務所所長。一海の次期宗主
一海の女王
肩より少しだけ長い茶色い髪
ヘヴィスモーカー

座右の銘は「文武両道」

趣味はお菓子作り。料理の腕はパティシエ級
香水はANNA SUIのドーリーガール

高校時代、煙草を吸うきっかけになった男の人のことが、今まで付き合った人のなかで一番すき。
調律事務所の言い出しっぺ。巽との合同調査を本格的に始めたのも実はこの人
一海のご老人衆にはいまひとつ気に入られていないが、若い層には絶大な支持を集めている。
理想と現実の間で揺れている。

呼び名
沙耶→沙耶
直純→直
清澄→清澄
龍一→龍一君
翔→巽のおぼっちゃま
一海の宗主→父様
一海直次→直次叔父様
一海佐知代→佐知代叔母様
    14:44 | Top

西園寺杏子のひととなり

西園寺 杏子(さいおんじ きょうこ)
5月23日生

ちょっと、というかだいぶ天然というか変な子。
高校時代まで猪突猛進桃色片思娘、というのがぴったりな子。恋は盲目
高三の時、榊原龍一に一目惚れし、いつものように猛アタック。
ものすごい勢いで嫌われていたり、した。
けれども、彼女の中でこの恋愛はちょっと後に大きな意味をもってたりする。
実は、頭はいい。
指定校推薦でさっさと大学を決めることになる。
幼なじみで親友の海藤こずもにおんぶにだっこな状態
(ここまで「調律師」)

指定校で入った大学は法学部で、親の「せっかくだから弁護士になれば? 合格率あがるみたいだし」という昨今の状況を全く理解していない発言と、就活するよりは楽かな、まだ学生でいられるし、という気持ちでうかうかと法科大学院に進学。
真ん中よりもちょっと上レベルの学校に、ぎりぎりセーフですべりこむ
そこでであった設楽桜子(サクちゃん)が、ローではこずもの代わりとなる
そこで出会う、年上なのになんだか可愛いユージ君(仮)に片思いすることになる。
あと、榊原龍一と再会したりもするかもしんない(未定)
(ここまで「26歳の男」)

 **

もともとは、大嫌いだった大学のクラスメイトをネタにしてやろうという魂胆だったのだけれども、その子と関わりを持たなくなって大分たったり、26歳の男設定作ったり、調律師の3作目(Stardust say "Who are you?"仮/タイトルがなんか出落ち)を考えたりしてたら、ものすごく可愛くて愛しい子になってしまったという。

26歳の男はただ単にロースクールを舞台にした、アホーで面倒な集団の恋愛話です
    14:37 | Top

設楽桜子のひととなり

設楽 桜子(しだら さくらこ)
将来の夢:検事
父親が新聞記者で、それをきっかけに知り合った女検事に憧れている(実は九官鳥の上泉先生のこと)
真面目で正義感が強い。
座右の銘は「天網恢々疎にして漏らさず」

高校時代は堅物過ぎて「鉄の才女」などと呼ばれていた。
高校(私立)は生徒の自主性を尊重する校風で、立法機関としての生徒会やら、校則違反を裁くための裁判委員(起訴は検事委員、弁護は弁護委員)やらが存在していた。
検事委員の委員長。
探偵同好会(本人は「部」だといいはるが、同好会)の志田葉平に微妙な感情がある(けど、犬猿の仲)
葉平のカノジョ「菊」は桜子の中学時代の天敵
同じ委員会の後輩「朝陽」をかわいがっている。
(ここまで「少年法廷」)

大学は当然のように法学部へ。
刑事政策のゼミに所属。
なんの因果か葉平と同じ大学。
女子の人数が少ない上にとっつきにくいことからここでも「ミス・ローヤー」などと呼ばれている。
成績が自分よりも格段に上の(っていうかトップ)ゴスロリ少女「椿(通称:椿姫)」との出会いでちょっといろいろと変わって行く(考え方が)
このころ、一般教養の授業できいた赤の女王説が気になっていた(一カ所にとどまるためには走り続けなければならない)
(ここまで「赤の女王様と私(仮)」)

その後、司法制度改革のせいで法科大学院へ(旧司は択一落ち)
真ん中よりもちょっと上の学校で、全免。
西園寺杏子に懐かれている。
ちょっとボーイッシュな短い髪と、ダイヤのピアスが大人っぽくてかっこいい、とは杏子談。
社会人の彼氏(同い年)有り
(ここまで「26歳の男」)

 **

ちょっとまとめたくなった。
そして、どこに分類するかわからん
適宜更新で。
    14:12 | Top

創作ネタメモ

「じゃあ、何かあったら頼むよ」
 何かあることなんて願っていないくせにな、と想いながらあたしはまかせて、と笑う。みんな「何かあったらよろしく」なんていうけど、本当は弁護士に関わりたいなんて思っていないなんてこと、知ってる。
 それなのに、なんであたしは目指しているのかな。

 **

 彼が笑う。記憶にあるよりも高い背に低い声。そして、柔らかくて屈託のない笑顔。こんな笑顔を彼があたしに向けてくれるなんて初めてだ、と思った。
 高校時代のあたしが欲しくて欲しくてたまらなかった、彼の笑顔。

 **

 もう、西園寺杏子が愛しすぎるようになってしまった。どうしたらいいんだ。
    21:53 | Top
 
 
プロフィール
 
 

小高まあな

Author:小高まあな
FC2ブログへようこそ!

 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
リンク
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。