FC2ブログ
 
表立って載せるほどではない小噺と、あとがき。 その他キャラ設定などなど、徒然なるままに書き連ねるページ。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

恵方巻

 きっかけは一月の終わり頃のことだった。
 期末試験まっただ中で、なかには徹夜が続いている人もいて、正常な思考回路が働いていなかったのだろう。あたしも含めて。
 そしてそれは、二月三日のことだった。
 その日は試験の最終日で、終わったから打ち上げ! とかはしゃいでいたあたしたちの前に現れた。
 ぶっちゃけみんな、ソレのことを忘れていたのだ。
「……で、どーすんの、これ」
 治君が小さな声で呟いた。
「どーすんのって」
 郁さんがいつもの面倒そうな声に、少しの呆れをまじえて答えた。
「食べるしか、ないんじゃないの?」
「ですよねー」
 それにあたしも頷いた。
 ローのラウンジで、いつものメンバーでテーブルの上に置かれた恵方巻を眺めた。

 きっかけは、一月の終わり頃のことだった。
 正確に何日だったかはわからないけれども。
 普段はさっさと家に帰って勉強する、という体で生きているあたしだけど、その日はたまたま夕方に民法演習の補講が入っていたので夕飯も学校で食べることにしていた。演習のクラスの皆で、なんとなくラウンジに集まる。コンビニでご飯を買って来たあたしたちの手元には、「まだ間に合う! 恵方巻のご予約は当店で!」と書かれたチラシがあった。
「恵方巻って俺食べたことないなー」
 カップ麺を啜りながら治君が言う。
「あたしもー。サクちゃんは?」
「私もないな。郁子さんは?」
「実家に居た頃は。池田は?」
 しれっとメンバーの中に紛れ込むぐらいには、サクちゃんとの距離感を取り戻した池田君は、
「……ない」
 小声で答えた。
 と、まあそこで話は終わる筈だった。普通ならば。
「じゃあ、予約しようぜ!」
 と、治君がテンション高く言った。
「いいね!!」
 何故かあたしもソレに乗っかった。今思うと、なんでだ。
「二月三日はテスト最終日だろ? 皆でラウンジで恵方巻喰おうぜ!」
「いいね!」
 あたしはさらにソレに乗っかり、
「……ちょっと面白いかも」
 あろうことかサクちゃんまでそう言った。
「青春っぽいわね」
 何故か郁さんまでもそう言った。
「……やってもいいけど」
 さらに言うならば池田くんまでそう言った。
 普段とめるメンバーもとめなかった。それに調子良くした前田君が、
「じゃあちょっと予約しようぜ!」
 とその場で恵方巻の注文票に書き込み、ラーメンをかっこむと注文しにコンビニに行ってしまったのである。
「楽しみだねー」
 なんてあたしは浮かれて言った。
 テスト期間中にもかかわらず補講なんてぶちこんできた教授のせいで脳がちょっと疲れていた。きっとそうだ。


 一本千円もするのである、これ。アホだろ、アホ過ぎるだろ。
 試験が終わったあたしたちは、今とても冷静だ。
 治君がコンビニからうけとってきた恵方巻を見ながら思う。
 恵方巻を食べる文化を否定はしない。
 だがしかし、何故千円もだして、ラウンジで食べようとしているのだ、あたしたちは。なんかこう、恥ずかしい。ビジュアル的に。
「……まあ、うん、だから。食べるしかないでしょう」
 と、郁さんがもう一度言った。
「ええっと、ほら。恵方の方角を向かって、切らずに、無言で、祈りながら」
「……恵方の方角ってどっち?」
「ええっと、南南東?」
「南南東ってどっち」
「……池田、どっち」
「え、なんで俺に聞くの」
 言いながらもスマフォの方位磁石で調べる。
「あっち」
 そして多分南南東の方角を指差した。
「覚悟を、決めましょう」
 郁さんが言った。
 もしかしたらまだちょっと、テストのテンションが残ってるのかもしれない。もっとクールなキャラじゃないっけ?
 治君、あたし、サクちゃん、郁さん、池田君で横にならんで、南南東の方を向く。
「祈りながら?」
「そう」
「何を?」
「なんでもいいんじゃないの? よく知らないけど」
「試験受かりますように?」
「今年じゃないと意味ないんじゃない?」
 受験は来年だ。
「じゃあ、単位がきますように」
「それは、もう、遅いよ」
「そんな憐れむような目しないで!」
「一緒に三年生になれるといいね」
「なれるよ! そこまでじゃないよ!」
 それに、あたしのお願い事なんてもう決まっている。
 当然、勉学のことじゃない。
「じゃあれだ、無病息災」
「家内安全」
「火の用心」
「安産祈願」
「やっぱりあれ? 試験の疲れがまだ残ってる系?」
 意味不明だよ?
 などと言いながらも、恵方巻を見る。
「それじゃあ、喋っちゃ駄目よ?」
 郁さんに釘をさされて頷く。
 いただきます。
 あたしたちは無言で恵方巻を頬張る。
 さぞかしシュールな光景だろう。
 周りの視線を感じる。
 そしてさらには、
「……なにやってんの? いや、見ればわかるけど。なにやってんの?」
 ラウンジに現れたヒロくんにつっこまれた。泣きたい。
「あ、今答えられないか」
 さらにはそう言われた。
 ええ、答えられませんとも。
 あたしは今、あなたとの仲が進展することを祈って恵方巻を食べているのです。
 無病息災でも家内安全でも火の用心でもなくて、恋愛成就。
スポンサーサイト
    00:35 | Top

ロー内恋愛−26歳の男ーあとがき

着想から一体何年たったんだ、とは思いつつ、10年たってないしマシかなと思う駄目駄目スピリッツ。
当初は26歳の男だけがタイトルでしたが、わかりやすさとシリーズ化(笑)の観点から「ロー内恋愛」もつけたしました。脳内恋愛的な。
杏子は片面的だったので、ちゃんとロー内で付き合ってるカップルの話とかも今後書いていきたいな、と思います。あと桜子さんの話とか(基本的に自キャラに敬称はつけない主義だけど、なんとなく桜子さんは桜子さんと呼んでしまう……


*第一章 窃盗罪で起訴します。
冒頭の、ギャンブラーでアホーが思いついた時の達成感ときたら。
あと可愛過ぎるだろ!のくだり(当初は年上なのに可愛いなんてきゅんきゅんしちゃう!! がコンセプトだった
片手を勢い良く振ってくれる。机の上に「ありがとう、うまかったです」のメモ。世界的に有名な鼠のお弁当箱、同じく黄色い熊の箸箱。昔ながらの上履き。はそれぞれ別々だけどモデルがいます。モデルがいるというか、実際にローで見かけた人(上履きだけは別のローの友達から聞いた話←そこでは上履きがはやっていたそうな
というか、この話はそれなりにモデル?がある小ネタがほとんどかもしれない……。というか、ロー内あるある。

こずちゃんに頻繁に電話する、は最初から決めていたフォーマットです。
ずっと一緒にいたけど違う道を歩いている、かつての自分の夢を叶えている友達。
本当は海外設定にしたかったけど、時差とか考えるのが面倒だった(ってネタメモに書いてあった
遠くに住んでてなかなか会えないけど、私は元気です。的な。
(あと、こずちゃんの旦那さんは、勿論関西にいる人です)


*第二章 虚偽表示の無効は第三者に対抗できません
もともとは単発ネタにしようと思っていた章タイトル。
改訂版もロー内あるある。知ってたら、買わなかったのに……。
「えー本当に付き合っちゃおうよー! ねー!!」とか言わなくなった辺り、調律師の時よりは大人になった杏子です。


*第三章 当事者適格がありません。
飲み会の勘定で六法を出すのは本気でやめて欲しい……。
あと、飲み会の時に「この基本書がいいんだよ!」とかいって、気づいたら机の上に何冊も基本書だすのもやめてくださいびびります
憲法の争点は、マジで私がもらいそうになったものです。
「きいてー! 今日誕生日なのー!」「マジでー? あーなんにもないやー。憲法の争点でいい?」「え、ごめん、すっごい要らない」「だよねー」(結局お菓子もらいました)

龍一を出すかどうかはちょっと迷ってたのですが、なんとなく過去への決別とか、あとそっちの方が(私が)楽しいということで出してみたり。
「何かあったらよろしく」って本気で思ってないくせに、なんでそういうこというかねー、とは思う(刑事事件やりたいから尚更

基本的に、ロー生としての生活姿勢は残念ながら杏子に近い私ですが、ロー内恋愛に対するスタンスは桜子に近いです。そんな桜子さんのくだり。
あと、おみくじはマジでそういうのをひいた
英語って……


*第四章 守秘義務ってご存知ですか?
万年筆は本当お勧め。でも、万年筆はボールペンに含まれないと思うんだ
試験が終わったあとの浮き足だった自習室は割と好きでした
……この回、怖くてあんまり言及出来ませんが。あえていうなら、喫煙所の情報網ってマジ怖いよ
うちは大規模ローだったので、小規模ローがどんなだかわかりませんが(でも大規模ローであれなら小規模ローなんて……


*第五章 差止め訴訟は不適法です。
タイトルの苦しみ。
この回の結婚観は、何度か飲み会で話題にした部分です(話題にして次あったら別れてたカップルがいてちょっと怖かった……。きっかけつくった? 的な意味で


*第六章 名誉毀損で告訴します。
ここでキレるとこが杏子のいい部分なのかなーと思っています。
「好きって言われて困ることなんてないんだから!!」から変わってない部分で、そこは今後も大事にして欲しい(何目線なのか……
ちょっと理屈っぽくなったところは成長かと


*第七章 幸福追求権は国民の権利です。
なんで私、何時も終章って短いんだろう……。



そんな感じで(?)ロー内恋愛ー26歳の男ーおつきあいいただき、ありがとうございました。
一応、「普段オンノベなんか読まないロー生も読んでくれたらいいよね!」みたいなスタンスで書こうと思ったものです。なので、ツイッターとかでローで読んだよーみたいなこと言われるのは、願ったり叶ったりでした。
あと、ロースクール、恋愛でぐぐってたどり着いた人には申し訳ないな、って思ってます本当。

できればロー恋以外の話で、そうじゃなくてもロー恋の別シリーズなどで今度もお会いできることを期待して。


2012年7月27日 小高まあな
    23:52 | Top

はちきれそうなこの胸の高鳴りを! あとがき

ここで26歳の男を持ってくるのは卑怯だったような気がしないでもない。
LS生になった西園寺杏子の話。
「はち」きれそうな ということで8周年企画終了です。
あぶなかった……。9周年になるとこだった……。もうちょっと計画的に生きよう、と心に誓いました。

杏子は最近本当に可愛くて仕方が無いです。
かわいい、かわいい。
幸せになるといいなー!って思いますよ本当
龍一はもうちょっと杏子に優しくてもいいと思う。
調律師のネタバレにならないラインが難しいかと思ったのですが、まあ誰もまさか龍一と杏子がくっつくとは思ってないだろうし(笑)他メンバについてはあまり言及しないラインで。

はちきれそうなこの胸の高鳴りを!
    00:08 | Top

ネタメモ

誕生日は、なんか有名な判決があった日で。
板まんだら事件とか(でも、いつだかは今わかんないけど←ダメな人

櫻井氏の誕生日は、3月の終わり頃。
26歳の男が27歳になろうとするところで終わります。
当初は新司前で終わりにしようと思ったけど、3年生の雰囲気わかんないし(笑)

この話は、如何にロースクール生があほーかについての話です(いや、なんか愛おしい部類であほーなんだよ
    21:28 | Top

ネタメモ

章タイトルは法律がらみで
全6章か、7章(六法か、+行政か)

最後は「幸福追求権」で
あと、「虚偽表示の無効は善意の第三者に対抗できません」もここで使ってしまおう。

おー、意外と形見えてきたぞー(笑)
    21:34 | Top
 
 
プロフィール
 
 

小高まあな

Author:小高まあな
FC2ブログへようこそ!

 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
リンク
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。