表立って載せるほどではない小噺と、あとがき。 その他キャラ設定などなど、徒然なるままに書き連ねるページ。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

その男、名探偵につき あとがき

全然書いてなかった。
その男、名探偵につき」のあとがきですよ。
スポンサーサイト

大学生だったころの話。

 目が覚めて、一瞬どこにいるのかわからなかった。
 隣にある、寝癖だらけの頭を見て、ここが渋谷慎吾の家だと思い出した。
 ちゃんと家に帰ろうと思っていたのに、結局泊まってしまった。その事実にうんざりしながらも、枕元のケータイに手を伸ばす。七時丁度。自分の体内時計は今日も正確だ。
 今日は三限が休講だから、一限の子ども文化学だけか。レジュメ中心の一般教養で、教科書のない授業でよかった、家に帰らずに行ける。服は……、まあ仕方ないか。
 そんなことを思いながらベッドを出ようとしたところを、
「どこ行くの?」
 右手を握って止められた。
 寝ているんだと思っていた渋谷慎吾が、いつの間にか目を開いてこちらを見ていた。
「どこって、学校」
「大事な授業? 出席とる? 今日テスト?」
「……大事ではないし、出席とらないし、テストではないけれども」
「じゃあ、いいじゃん。茗ちゃん真面目だから一日くらい平気だよ、休みなよ。俺も休むし」
「あのねぇ!」
 そりゃあ、サボリ魔の渋谷慎吾はいいだろうが、何勝手に人の予定を決めてくれちゃってるのだ。
 文句を言うと口を開きかけると、
「わっ」
 ぐいっと手をひっぱられた。体がベッドの上に舞い戻り、ついでに渋谷慎吾が起き上がった。覆いかぶさるようにして、逃げ場を塞がれる。
「ちょっと、いい加減にして」
「一緒にいて……」
 甘い声で囁かれる。
 ああもう、なんだっていうんだ。一限なんだから、こんなところでもたもたしている暇ないのに。
「他の女の子呼べば?」
 精一杯皮肉った口調でそう言ってみせる。
 私じゃなくてもいいくせに。
 怒らせるような言い方をしたのに、渋谷慎吾が怒らなかった。
「お願い」
 代わりに、小さい声で囁かれる。そういう戦法かと最初は思った。
 でも、違う。
「……どうしたの?」
 頬に触れる手が震えている。
 甘い声で囁いているんじゃない。怯えている。
「……なんでもない」
「なんでもないなら私、学校行きたい」
 ぐっと渋谷慎吾が困ったように眉根を寄せて、諦めたように話しはじめた。
「……朝方、メールが来てた。……親から」
「……そう」
 それで大体わかった。
「ろくでもないこと?」
 尋ねると、小さく頷かれる。
 ああ、だからこんなに弱っているのか。
 彼が家族との仲が悪いことは知っているし、彼の家族が、彼の祖父をのぞいて、下衆などうしようもない人達のことも知っている。身を以て。
 そのことを知っているのは私だけだ。
 彼には他にたくさん女がいるけれども、それを知っているのは私だけ。
 自惚れなんかではない。確信がある。
 だって、私達はお互いの弱みを知って、傷を慰めあっているから。十年近く前から。
「そっか」
 手を伸ばし、彼の頭を引き寄せる。彼は大人しくされるがままになっていた。
「他の子呼べば、なんて意地悪いってごめんね」
「……ううん、ごめん」
「いいよ」
 頭を撫でる。
 どうでもいい授業でよかった。ゼミをさぼったりする羽目にならなくてよかった。
「ここにいるから、心配しないで」
 そっと囁くと、彼は小さく頷いた。

 十年前のあの日、あなたが私を助けてくれた。今度は私が助ける番。
    23:51 | Top

私だけが出来ること

 事件を解決した日、マンションの下まで送ってくれた彼は、大体こう言う。
「……今日、泊まっていってもいい?」
 私は決まってこう返す。
「くーちゃんは平気なの?」
 彼の愛鳥の心配。
 餌や水の心配がないと彼が判断したのならば、そのまま部屋に招き入れる。
 もしも、帰って面倒を見なければいけないようなら、
「じゃあ、泊まりに行っていい?」
 私の方からそう提案する。
 別にマンションまで来る前にその話をしてもいいのだけれども、私達は頑にこのやり方を守っている。
 儀式、だ。


 事件を解決した日、同じベッドで眠っても、彼が私を抱くことは決してない。
 ただ、こどものように私の手を握って眠りにつく。
 事件を解決した日、崖から転がり落ちるような早さで彼は眠りにつく。すとん、と夢の世界に落ちる。
 私は大体、そんな彼の寝顔を見たまま、睡魔が訪れるのを待つ。
 彼は名探偵だ。
 名探偵は、職業じゃない。
 そういう生き物だ。
 事件を呼び寄せ、事件を喰らい、生きている。
 彼は、そういう生き物だ。
 謎解きという舞台の上で、全ての謎を収束させ、犯人をあてる。そのときの彼は実に生き生きとしている。
 へらへら笑ったその態度を見て怒るひともいるし、彼を死神だと揶揄するひともいる。
 だけど、私は知っている。
 謎を解き終わったあと、彼が誇らしげな顔のなかに、どこか少し悲しみの色を浮かべていることを。
 自分の歩いて来た道に、積み重なっている死体にうんざりしていることを。
 事件を解決した日、どうしようもなく寂しくなっていることを。
 事件が私と一緒じゃなかったときでも、大体事件を解決した日は私の家に転がりこんでくる。なんでもないような顔をしているけれども、それはきっと寂しくてやり切れなくなっているからだ。
 彼は、他のひとが思うよりもずっと、ずっと寂しがり屋だ。
 自分の生活の全てに、死体が絡み付いていることを、彼は本当は嫌がっている。次は誰が死体になるのか、犯人になるのかと、実は怯えているのだ。
 そう、大体私達の関係だって死体が繋いでいるのだ。
 出会いのきっかけも、今一緒に居ることも、全部背後に死体がある。
 死屍累々と積み重なる死体の上で、孤独に謎を解き明かすのが彼の役目だ。
 壇上で謎を明かす彼に、私ができることは何もない。私は名探偵ではないから。
 私に出来るのは、この孤独な探偵さんが、舞台から降りた、ほんの束の間の休息にあわせて手を差し伸べるだけ。
 今までも。
 これからも。
    00:04 | Top

小ネタ

 もしも、人生の分岐点で選択肢を間違えたのだとしたら、あの最終電車でのことだったと思う。



 どこから持って来たのか、トランプを目の前に広げた恋人を見て、うんざりとため息をついた。
 どうしてこの人はいつもいつも、
「事件を呼び寄せ、解決するのか」
 隣に座っていた笹倉君が小さい声で言った。
「ほんと、それ」
 私は答えると肩を竦めた。

 この世には名探偵という人種がいる。それは、職業ではない。人種だ。
 彼らは事件を呼び寄せ、それを解決し、それで食べている。なんというか、事件そのものを喰らっているのだと思う。妖怪か。
 そしてとても残念なことに、私の恋人がソレなのだ。
 残念過ぎて、吐き気がする。

「と、いうことで一枚ずつひいて頂きましょう。ひいてもまだ見ないで。犯人は、トランプが教えてくれます」
 あの人の言葉に、
「くれねぇよ」
 笹倉君が小さく毒づいた。
「トランプが教えてくれたんです! で起訴まで持ち込めたら素敵ね」
「素敵ですよね。事件を解決して終わる探偵は楽でいいよな」
「……きみたちも黙って引いてくれるかな?」
 背後に立ったあの人が不満そうにいうので、二人で素直に一枚ずつ引く。
 あの人の合図を待たず、二人でめくる。ハートの8。
 これはどうなんだろうか、ジョーカー以外もあの人が仕組んで引かせているのだろうか。結婚の話。
「いやめくるなって言ったし」
 不満そうにいうあの人を無視する。
 そんな私たちを無視してあの人も推理を続ける。
 犯人、ジョーカーは誰なのだろうか。今の私たちはそこには興味はない。
 あの人が犯人を間違えないことはわかっている。名探偵だから。
「たまに、つきあっていることを後悔するわ」
 まあ、事件に巻き込まれなくても遅刻もするしいつまでたっても煙草やめないし、で喧嘩するし、別れてやろうと思うけれども。
「ここまで振り回されるのに、なんで別れないんですか?」
「だって」
 笹倉君の言葉に、首を傾げてみせる。
「名探偵の元カノなんて、殺されるか殺人犯になるかの二択しかないじゃない」
「……あー」
「どちらもまっぴらごめんよ。付き合っていれば、よっぽどのことがない限り大丈夫だし」
「なるほど」
 笹倉君が納得したように頷いた。


 そして、本当は困った事に、普通に好きになってしまっているのだ。
 この名探偵という生き物を。
 事件に巻き込まれる事が苦ではない程度に。


 そうして、私の探偵さんは、推理ショーを終える。
 事件を解決した後の達成感に満ちあふれた、それでいてちょっとだけ、ほんの少しだけ悲しそうな顔をして近づいてくる。
「おつかれさま」
 そのクセっ毛を撫でる。
「ん」
 私の探偵さんはいつものようにされるがままになっていた。


 もしも、人生の分岐点で選択肢を間違えたのだとしたら、あの最終電車でのことだったと思う。
 あのとき、十何年かぶりに再会したこの人に着いて行かなければ、家の最寄り駅でちゃんと降りていれば、私は名探偵なんていう人種にかかわることなく、生きていけたのだろうと思う。


 でも、もしも、今またあの電車の中に放り込まれても、私は最寄り駅では降りないだろう。
 そんな気がしている。
    01:00 | Top

ネタメモ的ななんか

 そうして彼は、どっから調達してきたのかわからないシルクハットを胸にあてて、高らかに宣言した。

「レディーーースアーーーンドジェントルメン! さぁ、解決篇という名のショータイムの始まりだ」


 遠くの壁に寄りかかり、腕組みをしながら譲と茗はそれをあきれ顔で見つめる。
「あいつ、なんだかんだでノリノリですね」
「あの人、ミステリと名がつけばボケミスでもラノベでも構わないタイプの人だから。こういう演出も好きなのよねー」
「今回はハードボイルドに行くとか言ってたような」
「トリックが手品っていう段階できっと捨てたわね、それ。手品とミステリとかいいよね! 地獄の傀儡師っぽい! 金田一孫の方の!! って言ってた」
「ああいうのが探偵とか、やってられないですよ」
「あの人、名探偵も歩けば事件に当たる、を地で行く人だから……。どこをどーしたらそういう事になるのかわかんないけど」
「名探偵がいるから事件が起こるんですよ。マジで」
「それでも神奈川県内だけだからいいかなーと思ってたんだけど」
「俺等が神奈川県警だからですね。でも」
「広域連続殺人犯にたまたま旅行に来てた草津で会うとか最悪」
「……慰安にならない」
「もう絶対、一緒に旅行とか行ってやらない」

 うなだれる犯人に、説教をかましながら、手から薔薇をだす。

「うさんくせー。つーか、手品もできるのかよ」
「手品ぐらい今更驚かないわよ。海の上での密室殺人、殺された船長っていう状況下で、俺運転出来るよ?とか言うんだもん。何者」
「そのくせ普通自動車免許持ってないですしね」
「ねー、私だって持ってるのに」
「俺だって」


(神奈川県警だから、のくだりとか使えないけど思いついたので……
    22:24 | Top
 
 
プロフィール
 
 

小高まあな

Author:小高まあな
FC2ブログへようこそ!

 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
リンク
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。